元々は営業職だったそうですが、なぜ人事の道を選んだのですか?


ベンチャー企業で働いていた際、事業縮小のためのリストラを経験しました。
同僚たちが早期退職制度を利用して次々と辞めていく中、「なんでこんなことになってしまったんだろう?」 「組織ってなんだろう?人事ってなんだろう?」という思いが渦巻いていました。
その時、人事として組織づくりや働く人たちの環境を整える仕事がしたいと思ったので転職に踏み切りました。

営業職や長年勤めてきた広告業界の求人やオファーはあっても、30歳過ぎの未経験に人事を任せてくれるところはほとんどなく…。
そこで私が選択した道は、今までのキャリアを全て一度捨てて、派遣として人事になること。
とても思い切った決断でしたが、本当にやりたかったことだったので必死でした。
それから数年間は採用はもちろんのこと、教育や研修、そして人事は経営目線を持つことが大切だと感じていたので、社長アシスタントなども経験しました。

トラントに入社したきっかけはなんですか?


そんな人事に対して、並々ならぬ思いを持っている私が、人と徹底的に向き合うことができると考えた場所が「トラント」でした。
第二創生期に対する社長の思いにとても感銘を受け、今までの私の経験を全て活かし、ここで勝負をしてみたい!と思ったので、入社を決めました。

実際、向き合いすぎてボロボロになることもありますが… 仲間や小川社長に引っ張られてなんとか頑張っております。

それは厳しいですよね…組織を創るなんてそんな簡単なことじゃないです…。
一日二日頑張って出来上がるものでものないですし、間違うことだらけですし。
だからこそ、一緒に働く仲間はとても重要だと考えています。

どのような人材を求めていますか?


そんな思いでトラントに入社している私にとって、採用活動は正に「真剣勝負」。
一切の妥協もしないし、できません。笑
目標人数達成のために、なにがなんでも人数を増やす、というような採用はしたくないと考えています。

先程も話したとおり、トラントは第二創生期を迎えているため、その土台となる人達には、当然求めることも多くなりますし、その人達の成長が今後の会社の成長を左右すると行っても過言ではありません。
それ相応の覚悟を持って入社して頂きたいのです。
そして、一人では見られないような景色を一緒に見たいと考えています。

不平不満をこぼすぐらいなら、創ってしまおう!たくさん失敗して何度も立ち上がろう!
そういったポジティブな方たちと一緒に組織を創っていけたら最高ですね。

就職活動中の学生に一言!


世の中に働く場所はたくさんありますが、貴方にとって会社選びの軸は何ですか?
それについて一度、真剣に考えて見てください。
なぜなら、新卒入社で働く場所は、貴方の社会人としての礎を築く大切な場所だからです。

「何を」「なぜ」「どんな仲間と」成し遂げたいのか

貴方の熱い思いを面接でお聞かせください!