Growthトラントでの成長

これから始まる、トラントとの日々。
「現在」と「将来」の双方を見据えた経験を通じ、
一人ひとり成長を実感しながら前進する。

ずっと働けるフィールドで、ずっと活躍できるキャリアをつくる。
そんな将来も、トラントであれば可能です。

多面的な検討で決定する一人ひとりのアサイン案件

多面的な検討で決定する
一人ひとりのアサイン案件

新卒の方、中途の方を問わず、トラントへの入社後、直近の未来として訪れるアサイン案件の決定。

トラントでは、社員のスキルアップが会社の成長に直結すると考えています。それゆえ、一人ひとりがどの案件にアサインするかは、ご本人にとっても会社にとっても非常に重要な検討事項となります。

個人の成長と会社の成長が繋がっているからこそ、当社は一人ひとりの社員のキャリアパスを描き、それに最適なアサイン案件を会議を通じて真剣に検討します。

検討に際しては、市況や意向、仕事にかける熱意などをご本人と十分にお話します。その結果、案件アサインの段階から、社員と会社側との間に信頼関係が生まれることを実感いただけるケースが多いと自負しています。

案件アサインに始まる活躍とさらなる成長

案件アサインに始まる活躍と
さらなる成長

新卒の方も中途の方も、案件へのアサイン時は緊張や不安を感じるかもしれません。

しかし、新たなメンバーが着任する時には、すでに現場リーダーをはじめとするメンバーが、新たな社員の参画や役割、新たなチーム体制をクライアントと共有し、安心して参画できる体制を整えています。

このように円滑なアサインが可能になるのは、現場とクライアントの間の信頼関係はもちろん、現場リーダーが、誰よりも説得力を持ってクライアントに語ることができることも大きな要因です。

現場チームの力強いバックアップにより、新卒の方・中途の方を問わず、新たなフィールドでスムーズにスタートを切る。ここから、一人ひとりの活躍とさらなる成長が始まります。

成長にドライブをかける社内勉強会

成長にドライブをかける
社内勉強会

成長を後押しする機会のひとつである、様々な社内勉強会。中には毎週勉強会を開催してくれるメンバーも在籍しています。

社員が自主的に開催し、自由に参加できるこれら勉強会は、幅広いフィールドで活躍する社員が集う当社だからこそ、様々なテーマ・レベルの内容を受講することが可能です。

2021年前半においては、例えばAIやクラウド、AWSなどのテーマは、ほぼ毎週のペースで勉強会を開催し、最新の情報共有や深堀などに努めています。また、主に新卒に向けたテーマでは、各種業務フロー理解、スケジュールの引き方などのWBS関連が数多く開催されています。

もちろん、IT知識や技術に限らず、自らが得意とするテーマも勉強会として開催することが可能です。肩ひじをはらず、みんなで楽しみながら成長していくのも、当社が大切にする文化です。

仕事を通じた存在価値の実感

仕事を通じた
存在価値の実感

SESの世界は、ずっとプログラミングを担当し続ける印象があるかもしれません。しかし当社では、およそ新卒3年目以降のリーダー等級以上では、クライアントとのミーティングやチーム編成・統率など、プロジェクトをマネジメントする業務も担うことが大半です。

クライアントニーズを汲み取り、チームでの解決策を考える。トラント側の社員として、会社とチームを背負ってクライアントと議論する。そんな役割を担うことで、自分たちの仕事がどれだけの価値を持っているか、トラントというチームでどれだけの価値を提供しようとしているかを常々実感する。

そんな成功体験を、みんなが繰り返し積み重ねることができる仕組みが整っていること、そしてクライアント先の常駐であっても、トラントの社員として誇りを持って働けること、これらもトラントだから実現できる環境に他なりません。

日頃から意見を交わす将来のキャリアパス

日頃から意見を交わす
将来のキャリアパス

定年を65歳とすると、働く期間は約40年。この期間のキャリアパスを日頃から相談できる相手であること、真剣に考えてくれる相手であること、それがトラントの果たすべき役割と責任であると考えています。

現在進行形の活躍だけに目を向けるのではなく、10年後、20年後をしっかりと考え、どのような方向で長く働き続けるか、そのためにどのようなキャリアパスが必要になるか。

毎月の各現場訪問、キャリアパスミーティング、さらに3か月ごとの面談を通じたスキル状況や今後の意向・想いの把握は、どれも的確なキャリアパスを見定めるために不可欠ゆえの取り組みです。

このとおりトラントでは、一人ひとりとしっかりとコミュニケーションを重ね、アサイン案件の検討と同様に、個性を踏まえた将来を、一緒に考えていくことを大切にしています。

新たな活躍の道を切り開くキャリアチェンジ

新たな活躍の道を切り開く
キャリアチェンジ

ずっとこの業界で働き続けるためのキャリアチェンジ。当社に転職されるタイミングでのキャリアチェンジのほか、当社に在籍する社員においても、キャリアチェンジ申告制度の活用によって、他の職種へキャリアチェンジすることも可能です(社内規定によります)。

キャリアチェンジによって、一人ひとりの意向を大切にしながら、強みや経験を最大限に活かせる、もっといい方向へ舵を切る。そして、ずっと働き続けることができるキャリアをコーディネートする。そんな施策を盛んに行えるのも、面接や定期的なミーティングを通じ、一人ひとりの強みや経験、キャリアパスを継続的に語り合っているからに他なりません。

トラントで活躍してくれる社員全員を大切にしたい。社員一人ひとりの人生を、ずっと真剣に考えたい。そんな願いから始まったキャリアチェンジの取り組みも、今や当社の看板施策になっています。

選べるチャレンジ、実績を称える

選べるチャレンジ、
実績を称える

いくつになっても現場の第一線で活躍するスペシャリストでありたい。そう願う方もいらっしゃれば、マネジメントスキルを身に付け、ラインの課長や部長といった役職を目指したい方もいらっしゃるはず。

トラントでは、どちらの道もチャレンジできる選択肢を準備しており、キャリアチェンジまで含めれば、本当にたくさんの選択肢の中から将来を考えることができる環境が整っています。

そして、これと決めた道での活躍は、毎年の表彰式でしっかりと称えるのが当社のルール。社長賞、キャリアアップ賞、グローバル賞、資格取得賞、さらには皆勤賞や永年勤続表彰など、社員の活躍と頑張りを全社で称えます。

クライアント先からも、そしてトラント社内においても、認められることを実感できる会社。それがトラントです。

DX Director / DX Coordinator

DX時代の新しい活躍DX Director / DX CoordinatorDX ディレクター/DXコーディネーター

DX(デジタルトランスフォーメーション)の急速な拡大とともに、
お客様に寄り添い、ITやクラウドツールの活用サポートを通じた
カスタマーサクセスの要請が次々に寄せられるようになりました。

そんなニーズに応える、新しい時代のプロフェッショナル、
それがDXディレクターとDXコーディネーター。

お客様の業務フローに最適なツール選びに始まり、
導入支援、導入後の運用など幅広くサポートする。
そんな新しい立ち位置での活躍を望む方を、私たちは求めています。

文系・IT業界未経験だけど、
IT業界で働きたいと思っていた方

ライフイベントからの復帰や
時短勤務をIT業界で実現したい方

営業や営業企画、マーケティングの経験を
IT業界の新しい職種で活かしてみたい方

私にできる、新しいITの仕事。
クラウドのプロとして、DX時代をリードする。
それが、トラントのDXディレクター/DXコーディネーターのお仕事です。